ツィーター交換の巻

用意する物 3mmHEX/電工ペンチ/ギボシorエレクトロタップ/ツィーター/内装用両面テープ/プラスドライバー

音響が貧弱なスポアバにツィーターを付けてみようと思って。たまたま安物を発見したので試しに交換。
場所はセンターコンソール両端のスピーカーが埋まっているトコ。開けてみたらツィーターだったけど(笑)
まずはバッテリーのマイナスを抜いておこう。電気系作業のキホンですよ。
3mmHEXでスピーカーカバーを外そう。奥はツメで引っかかっているだけなので簡単に引き抜ける。
カバー側に純正ツィーターが付いているのでドライバーで外しておく。またカプラーは刺さっているだけなので引き抜けばOK。

分解するとこんな感じ。何と純正はNOKIA!!!オイラのは音が出ていなかった模様…。
今回は純正カプラーを活かして交換なので新しいツィーターに加工を施す。

+、-の区別は簡単。車体側の赤/黒ラインが+、黒ラインが-。車体側ラインは結構長いのでカプラーを活かさない場合でも充分線は確保可能。
ツィーターが入っている場所はバルク側に貫通していない。つまりは底があるので新しいツィーターはそこに両面テープで固定。
ラインを接続したら仮設置。向きによって聞こえ方が変わるので、色々試行錯誤しよう。

向きが決まったら両面テープで固定。配線は奥側にカプラー固定用のソケットがあるのでそこにはめると納まりがいい。
設置ができたらあとはカバーを戻すだけ。最後にマイナス端子を戻して音チェックを忘れずに!!